基本的な思想

日本の整体の歴史と変遷

整体の基本的な思想としては、身体の間接の歪みを手技によって矯正し、骨格のバランスを整えることで関節の痛みなどを和らげるものですが、なかには体を流れる気の流れを改善し、あらゆる病気に効果があるなどと謳っている整体院もあります。整体は近年の研究によって一定の医学的根拠が示されており、効果が確認されていますが、整形外科的手法とは根本的に異なるものも多く、椎間板ヘルニアや骨粗鬆症などの可能性がある場合、症状に悪影響を与える可能性もありますので注意が必要です。

多様化するサービスと動向について

従来型の整体に加えて、アロマキャンドルと組み合わせてリラクゼーション効果を高めたものや、穏やかな音楽と組み合わせて効果を高めるものなど、サービスの多様化が近年みられます。デスクワークにしろ立ち仕事にしろ、現在の日本人は非常に腰に負担が掛かっており、腰痛は国民病ともいえる状態になっています。背部から腰部にかけてのマッサージと骨格矯正の整体を組み合わせて体への負担を軽くする施術が主流となっています。今後もこの様なサービスが広がっていくことが考えられますが、インターネットが普及した現在では、インターネット上の口コミが影響力を持っており、特別な国家資格などが必要でない整体などの業種では特にこれらが大きな判断材料となっています。すなわち技能や効果を伴う整体院に人気が集中し、そうでない整体院は淘汰されていくと考えられます。